· 

(Q&A)分離症のままスポーツを続けてもいいの?

第1回のオンラインセミナーで腰椎分離症について、こんな質問をいただきました。

 

******

 

分離症ですが、早期ではない場合にスポーツは症状によるとは思いますが多少痛みがある場合でも続けながらでもよいのでしょうか?

 

*******

 

セミナーでもお伝えしましたとおり、早期でない腰椎分離症は分離部の偽関節化が完成しているので、骨癒合を期待する事は不可能です。

 

ここでいう「早期でない場合」とは、この偽関節化が完成してしまっている状態として説明をしてゆきます。

 

 

で、

 

「多少痛みがある場合でもスポーツは続けてもいいのでしょうか?」

 

というご質問に対してですが、

 

ものすごく簡単な答えかたをすると、

 

「続けてもいいです」

 

というか、続けても悪くはなりません(両側の分離が完成してしまっている場合)し、いまからスポーツを中止してもよくなる事も期待できません。

 

 

セミナーの中でもお伝えしたように、

 

その患者さんは一生分離症と付き合っていかないと「仕方がない..のです。

 

(だから、早期に発見してあげることがホントに重要なんです!)

 

 

なので、

 

患者さんから、

 

「続けてもいいですか?」

 

という質問を頂いた場合は、

 

 

「続けても悪くはなりません」

 

 

と、お答えするのが一番適切なのではないかと思います。

 

あとは、その患者さんの痛みなどの症状程度と、スポーツの程度によります。。

 

 

なので、治療家として、ちょっと心苦しい回答になりますが、

 

患者さんには、

 

「続けても悪くはなりませんので、続けられるようなら続けて頂いて結構です」

 

と伝えるしかないですね。。。

 

 

**

 

 

あと、ひとつ大きな問題は

 

分離症の方の多くは将来的に「分離すべり症」になってしまうということです。

 

これはできる限り防いであげないといけません!

 

(予防方法などは、また別の機会にご紹介させて頂きます)

 

**** 

 

一度完成してしまった分離症が骨癒合することはありませんので、その患者さんは分離症と付き合いながらスポーツを続けてゆくことになるのですが、その中で私達ができる事は

 

 

●痛みを少しでも抑えること

 

●分離部にできるだけ負担のかけない体づくりや動作の指導

 

●分離症からのすべり症を予防すること

 

この3つなのではないかと思います。

 

 

この3つに関しては次のブログで説明しておりますので、そちらをお読みください

 

『分離症の選手に対して私達ができること』

 

 

*****

 

 

以上、治療家としてはとても心苦しい内容となりましたが、こればっかりは仕方がない事なのです。

 

なので、私たちにできる最大の事は

 

腰椎分離症を早期の、【まだ骨癒合が期待できる状態で】発見し、適切な医療機関に紹介することだと思います。

 

 

***

 

質問大募集中です!

 

質問は

メール:shinqprince@gmail.com

LINE : https://lin.ee/9Lauig9

 

まで、お気軽にどうぞ!