· 

この膝の方は何歳くらいでしょうか?

 

こんにちは。

 

代表の塩川です。

 

 

突然ですが、この膝のレントゲンの方、何歳くらいだと思われますか?

 

 

正面像です

 

 

そして、側面像です

 

(6/11追記)

そして、

PF関節(膝蓋大腿関節)にも痛みがあるので、スカイラインビューもオーダーして撮影して頂きました。

 

 

レントゲンにはいろいろな情報が詰まっております。

 

 

レントゲン像に対する知識がある先生は、ぜひ細かな部分に目を向けてみて、予想してみてください。

 

 

レントゲン像に対する知識のない先生も、とにかく見てみてください。

 

 

そして、まずは

 

勝手に想像してみてください。

 

 

『ここの骨が出張っているのは骨棘なのかなー?』

 

とか

 

『ここ、なんかおかしいような気がするなー』

 

とかで大丈夫です。

 

 

そして、気になることがあったら、ググってみてください。

 

例えば、

 

『膝・レントゲン・正常像』

 

とか

 

『変形性膝関節症 レントゲン』

 

とかですねー

 

 

やっぱり、自分で調べるのが一番勉強になりますので!

 

*********

 

(6/19追記)

 

会員の先生よりとてもいいご質問を頂きました。

 

どんな質問かというと

 

『反対側の膝のレントゲンもあれば見たいです』

 

という内容です。

 

 

いいですねー!

 

 

前回のオンラインセミナーの中の「足関節の前方引き出しテスト」のところでも軽く言いましたが、

 

反対側(健側)と比べてみるのは、理学テストにかぎらず、画像の読影の際にもとても有効です!

 

 

レントゲンの読影力をつけるのに一番重要なのは、

 

 

「正常像」を頭に叩き込むこと

 

です。

 

 

「正常像」が頭に入っていると、すぐに「異常」に気づくことができます。

 

「正常像」がしっかりと頭に入っていると、患側だけの画像を見てすぐに「異常」に気づけるのですが、しっかりと頭に入っていないと、「患側」の画像だけではなかなか「異常」に気づけないものなのです。

 

 

そんな時に「反対側(健側)」の画像があると、見比べられますからね!

 

という事で、

 

反対側(右)の画像です

 

いかがですか??

『えーーーー!』

ってなった先生も多いのではないでしょうか?


『えーーー!』ってならなかった先生は、

 

患側のレントゲン像と見比べてみてください。

 


分かりやすく並べてみました↓

 

左の画像が健側(右脚)、右の画像が患側(左脚)です。

 

 

 

さて、、、

これはどういうことなのでしょうか、、??


答えはまた近いうちに、このブログに書きますね。

 

 

 

 

月あたり900円でスキルアップ!

『鍼灸師・柔道整復師の為の整形外科学研究会』

次回のオンラインセミナーは

 

7/18(日)9時~

・環軸関節回旋位固定について

・コーレス骨折の判断のポイント

※あとから録画を視聴可能

 

です。

 

ご入会・お試し受講は

入会案内のページをご覧ください。